着こなしのポイント。

幼稚園の制服着こなしのポイント。

幼稚園の制服の着こなしは園によって特徴がまず異なるでしょう。自由な園の場合は思いっきり個性のでる制服へとアップリケやレースやボタン等で可愛くなっています。着こなしによっても同じ制服もここまで違うのかと思ってしまうほどです。

しかし、毎日着ていたり洗濯してしまうと場合によってはとれてしまったりすることもあるようです。つける際にしっかりととれないようにつけることが大切です。女の子は特に可愛らしくしている子が多いです。男の子はシンプルだけどかっこよくしてあったり、人気のキャラクターでアクセントをつけたりしている子もいるようです。

つぎに幼稚園の制服の着こなしで変化を付けたいのであればボタンなどを活用する方法がおすすめです。もし飽きてきたら、ボタンの場合はひもを切ってしまえばすぐにとれます。とった箇所にあたらしいものをつけたりすることも可能です。簡単につけたり外したりすることができるのでおすすめです。

替え等がすくなめの方はぜひ参考にしてみてほしいと思います。アップリケなども人気が非常にありますが変化をつけたい場合は一度つけるとなかなかとれませんから、お気に入りのものをつけることをおすすめします。レース等もミシンでつけられるので、取り外しはきくでしょう。

幼稚園の制服の着こなしももちろん個性が出ますが、小物使いなども個性がでてきます。バッグにキーホルダーで変化をつけたり、帽子にワンポイントなども自分のものとすぐ分かって便利です。制服がシンプルな場合はこのような小物も気にすることで全体の雰囲気も変わってきます。

このように幼稚園で自分のものとわかるようにすることも含め着こなしに個性を出しているような点もわかってくるでしょう。クラスでほとんど同じ持ち物を持っている子が多いでしょうから、変化をつけてわかりやすくしてあげるという点も含めて参考にしていただければと思います。

幼稚園の制服の着こなしは年長さんになってくると、やはりちいさなベテランなので参考になります。年によっても、やはり異なるようですが一つしか変わらないので非常に参考になります。はじめての衣替えなどになると、お母さま方はアレンジを加えたり忙しくなることもあるので早めにやっておくと安心です。どれくらいのアレンジを加えていいか気になる方は少しずつ周りの様子を見て少しずつ変化を加えていくと良いでしょう。

園生活での写真等も着こなしによっては雰囲気も変わってきますから、お忙しいとは思いますがぜひ楽しんでいただきながらちょっぴりアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。