幼稚園での制服と上履き

幼稚園での制服と上履き着用について

幼稚園入園時に必要になるアイテムについての記述をします。子供が幼稚園に入園する際には様々なアイテムの準備が必要になることがあります。日常的に身につけるものや園での活動中に使用するものなどです。入園説明会などで購入や準備の詳細を知るケースが多いです。

園の指定に則り、準備をすることと名前の記入は必要事項です。名前の明記は本人がわかりやすいことの他に取り違えを防ぐ目的もあります。またパーソナルマークと呼ばれる個人の印を定める制度を導入している園では、そういったマークを書いたり縫い付けたりすることも効果的です。

幼稚園での子供の服についての記述です。幼稚園入園において最初に購入するものの一つに制服があります。制服は園によって定められている内容や着用頻度にあります。制服自体がないという園もあります。必要な場合、入園前に購入することが多いです。入園式に着用するという園も多いです。また日常的に通学の時に着用するという園もあります。使う頻度によっては何セットか洗い替えがあると便利なこともあります。

新品はひとつ用意し、園でバザーなどがあった場合に安く購入するという手段も有益です。成長ペースにより、途中で買い替えが発生することもあります。

また仲の良い友人などがいる場合、制服のお下がりを貰うというのも経済的です。最初に制服の購入を検討する際には、実際のサイズをこどもにあてる確認が重要です。

2年もしくは3年間着ることが予想されますので、1か2サイズ上の商品購入がお勧めです。続いて上履きについて記述します。上履きとはバレエシューズなどとも呼ばれているものです。幼稚園での屋内での活動時に園児たちが日常的に履くことが多いです。幼稚園がお休みとなる週末前の金曜日に自宅に持ち帰り、家で洗います。綺麗になったものを週明けの月曜日に持参するというループを続けます。

幼稚園で上履きについての指定がある場合は園の方針に従います。特に指定がない場合は履きやすいことと、他の園児の上履きと取り違えがないようにします。上履きにも素材や履き方などが様々な商品が販売されています。また他の園児との差別化を図るため、デコレーションをするというケースもあります。名前の明記の他に趣向を凝らしたデコを行うことで世界に一つだけのオリジナル上履きとなります。デコの方法も様々です。スタイルに合ったものがお勧めです。汚して帰って来ることが多いのです。ぬるま湯の使用やつけ置き、上履き専用の洗剤なども効果的です。